ブロンプトンのバーエンドを変更したらしっくりきた

機材を選ぶ楽しみ

以前、ブロンプトンにドロップエンドバーを付けてみたことを投稿しましたが、良い点もあるものの悪い点もあり、なんだかな~という感想でした。

ブロンプトンにドロップエンドバーを付けてみた ~ 良かった点、悪かった点

ロードバイクのドロップハンドルと違い、力を出そうとドロップエンドバーを引きつけるとMステムがしなって、力をいれにくいのです。

また、ブロンプトンのハンドルの両端にこれを付けるので、幅が広過ぎて(メジャーで測ったところ49cm)、脇を絞れず、体幹を十分に使えません。

関東地方は新型コロナに関する緊急事態宣言はまだ解除されず、家にじっといるのもストレスが溜まります。

気分転換を兼ねて、新しいバーエンドに変えてみました。

カーボン製のバーエンドで、重量は左右合わせて120gです。


ハンドルの両端ではなく、グリップの内側に付けました。

斜め前からの新バーエンド
前からの新バーエンド


取り付けたらまずはかっこいいというのが第一印象でした。

グリップは手になじむ形で、トライアスロンのエアロバーのように脇を締めやすく、体幹をより使い易くなりました。

また、ハンドルの両端にドロップバーエンドを付けたときと違い、よりMステムに近くなったためか、Mステムのしなりも少なくなり、気にならないレベルです。

ついでにエンドキャップもアルミ製のシルバーのものを新調しました。

ブロンプトンのハンドルの素材とマッチした色でいい感じです

今回の変更はしっくりきて、満足です。
少なくともしばらくはこれでいけそうです。